sample_image

主婦でも借りられるはほぼ嘘

インターネットの情報は僕のサイトも含めてですが
見る人の判断が結構重要だったりすると思います。
僕のサイトはなんというか素人以上玄人未満の管理人が
感じたことを書いているので参考になる人にとってはなると
思いますし、玄人の人にとっては物足りないのかもしれません。
前置きが長くなりそうなのでこのへんにして、、、

「主婦でも借りられる!」という言葉をネット上で結構見かけます。

主婦は簡単に言うとお金を稼いでいませんから厳密にいうと
安定収入がないですよね。
だから借りれない、借りれなくなったのが99%正しいのですが、
こういった言葉を使って誘導するサイトが結構増えているんですよね。

この言葉の本当の意味

この言葉の本当の意味には大きく見て2つあると思います。

1つめ

基本的には主婦の方に何かしらの安定収入の材料がなければ
キャッシングでお金を借りることはできません。

ただひとつの例外として、安定収入があるご主人がいればキャッシング出来る場合があります。
この場合、ご主人の収入がきちんとあるという証明として、
ご主人の収入を証明することができる収入証明書類が必要となります。

またさらに、ご主人の同意書が必要となりますので、
内緒で借り入れをしたいという場合は、無理ということになります。
まあ、同意書をご主人に内緒で作ってしまえるのであれば、
内緒での借り入れも可能といえば可能ではありますが・・・。

こういったことは、後々夫婦間で問題となる場合もありますから、
キャッシングで借り入れをしたいのであれば、ご主人にきちんと相談して
借り入れを行うことをおすすめします。

2つめ

法外な闇金ですが前面にそういったことは歌いませんよ。

ちょっと僕の想像も含んではいるんですが、
主婦で借りれるといった言葉を言っているのは僕が知る限り
安全なキャッシング業者だと1社くらいしかいません。
やっぱり条件を見ると「1つめ」で説明したような記載は
きちんと書かれているのです。

主婦でも借りられるっていう言い方が悪いんではなくて
この言葉が要は良い業者と悪い業者両方に使われてしまってるんではないかなと
感じるのです。
ちょっと勉強している人ならそんな簡単なことはすぐに判断出来るでしょうが、
これから始めてって人には判断が難しいのかなと感じたんですね。
だから気をつけてくださいね!ということを言いたかったんですが。。

銀行系のカードローンなら一応は可能?

前提として上記で言っている通り専業主婦の場合は借入するべきではありません。
夫に内緒でとか、その使う目的が自分本位で借入しなくてもいいのになぜ借りるのかを考えてみましょう。ということをこのページでは伝えたかったのですが、一応銀行のカードローンだと借り入れが可能なところもあるといえばあります。

総量規制対象外のサービスであればたまに専業主婦でもOKという歌い方をしている大手がいたりもします。ただこれを全うに利用する方はあくまでも少ないケースでしょう。
通常夫と相談してお金を借りることを決めたほうが健全と言えますが、相談なしにお金を借りるというのは緊急事態などに限られるのではないでしょうか。

各々の自由と言えばそれまでですが、借入をする前にその借り入れが正しいものかをしっかりと考えてみたほうが良いのではないでしょうか。