sample_image

連帯保証人になる

お金にまつわる、やってはいけないエトセトラで
よく聞く話でNO1といってもよいであろう内容といえば
「連帯保証人」の話ではないでしょうか。

語り継いでいくという意味合いで
なぜいけないのかを話したいと思います。

本当に陰湿な項目

この連帯保証人というのは嫌ですね陰湿です。
一般的な語句に仕立てられた感があると僕は思っています。

というのは連帯保証人というのは、もうなった時点で、
全く関係のないように見えて完全に借金を一緒に背負わされたような物なのです。

極論をいうと、いきなり消費者金融からあのお金返してもらえますか
と言われたら返す義務があるというのが連帯保証人です。
まだ借りた本人に返済する為の財産があったとしてもです。
これは、ソース(出元)は忘れてしまったのですが連帯保証人というのは日本独特なものらしいです。
ホントおかしいですよね。なので絶対になってはいけません。
たぶん連帯保証人になる人はそんなに深く考えずになってしまうんだと思います。
だって信頼している人から頼まれたらできれば断りたくないというのが人間の本音だと思いませんか?
それを「連帯保証人」となんとなく普通の語句にされてしまっている為
断りずらくなるのではないかとおもうんです。

「連帯保証人」は言いかえれば
「文句なしで借金立て替えますよ人」です。

キャッシングは連帯保証人がない

と文句ばかりいってきましたが、
キャッシングって連帯保証人や普通の保証人がいらないところが多いんですよね。
結構これは業者にとっては何かあった時大変だと思うんですが
僕的にはそのあたり若干ですが好感もてますね。

結論はいうまでもないんですが、連帯保証人になってと言われたら断る
と決めておきましょう。しつこく言われても僕の場合は
「どんなに仲のいい人でも連帯保証人にはならないと決めているんだ」
というようにしています。