sample_image

審査が甘い業者という幻想

僕的にも、世の中的にも間違った事実だと思います。
キャッシングで色んな大手とかに申込みをしたけど、
全然審査がとおらない。

そうなった時に「審査が甘い業者」はないのか?
って思う人が多いらしいのです。
そういう気持はわかるのですが、これは大きな間違いです。

そもそもキャッシングって審査が決して厳しくないんですよね。
勿論物理的な年齢とかの制限はどうしようもないのですが、
フリーターでさえ安定収入があれば審査がとおるのですから。
審査が通らないから甘いところを探すというのは危険だと思います。

結果的に本当に甘いキャッシングサービスを見つけたとしても
それは危ない業者という確率が高いと思うのです

根本的な疑問

根本的に審査がとおらない人ってどういう人ですかね。
収入がない人ならまだ地獄に落ちいていないので良いと思うんですが
一般的な言葉でいうと多重債務者や複数社から借り入れをしている方に
多いのでは?と思います。
そういう人は債務整理をしても僕的にはいいのではないかなーと思います。
知り合いに昔、債務整理をせずに借金を自力で返した人がいるんですが、
10年くらいかけて返したそうです。
人それぞれですが10年間は普通に考えて人生の8分の1以上になる人が
多いですよね。

「正直お金なんて、この世の中の仕組みが勝手に作ったものなんですから
債務整理でチャラにできるならしておけばよかったよ」


こう彼は言っていました。
なかなかの明言ですね。

価値観は人それぞれだと思うので債務整理に関してもいい悪いは賛否が分かれる
でしょうが、少なくとも選択肢の一つとしては検討していいんでは?と思います。

こういうこというと借金しなければいいんだと言ってくる人がいますが、
まあそんなことは当たり前で、出来ちゃった人の場合においての話なのであしからず