sample_image

カードローンとクレジットカードの審査の違いについて

最近では、クレジットカードでキャッシングをする人も増えております。
その一方で、銀行などの金融機関でも、カードローンを始めているところもあり、
今や金融業界は群雄割拠の時代へ。
クレジットによるキャッシング、カードローンなどで、激しいせめぎあいが行われているのです。
しかし、そんなせめぎあいというのは、消費者からすれば正直どうでもいいこと。
お金さえ借りられれば関係ありません。

カードローンとクレジットカードの審査の違いについてしかし、クレジットカードにせよカードローンのキャッシングにせよ、
必ず審査があります。その審査ですが、どちらが厳しいのかというと、
クレジットカードのほうがカードローンより多少緩い傾向にあります。
それはなぜなのでしょうか。

無担保ではあるものの

それは、担保の違いにあります。
担保というのは、万が一返済が滞ってしまった場合、差し押さえること
貸したお金に充当させるというもの。
住宅ローンを組む場合には住宅が、自動車ローンを組む場合には車がそれに相当します。
クレジットにせよカードローンにせよ、保証人も担保も必要ない
ということに関しては共通しております。

しかし、クレジットの場合、特にショッピングの場合には事情が異なってきます。
クレジットカードでショッピングをした場合、購入した物は購入した時点から
自分のものと思っていませんか。実はそれが違うのです。

差し押さえも可能なクレジットカード

カードでショッピングしたものは、代金の完済が確認されるまでは、
カード会社のものとなっているのです。
ですので、高額な商品をカード払いで購入したとして、
その代金が支払えないということになれば、その商品を差し押さえることも可能なのです。

もちろん、代金と商品の価値がイコールであるとは限りません。
かなり高い値段で商品を買ってしまったという場合、その担保価値は大きく下がりますが、
まったく回収不能というわけではありません。
その点、カードローンの場合には担保がありません。
カードローンの担保がないということは、
カードローンの場合には、個人の信頼だけでお金を貸しているのです。