sample_image

キャッシングのネット審査は何故早いのか

インターネットやスマートフォンの普及によって、
キャッシングの敷居はとても低くなっています。
昔は駐車場の外れに佇む無人契約機などに篭り、数時間かけて契約しなければなりませんでした。

今は、自宅に居ながらにして、パソコンやスマートフォンなどからネット審査が受けられます。
早い金融機関であれば、申し込みから振込完了まで
30分とか1時間程度で完了するものさえあります。
そして、収入証明書類の提出が不要な場合すらあります。

なぜ、キャッシングのネット審査はこのように早く終わるのでしょうか。
どうして収入証明書類の提出も不要なのでしょうか。

コンピュータによる独自のスコアリングシステム

理由の一つとして、信用機関へ照会せずに独自基準で審査を行うということが挙げられます。
自社内での過去の利用状況のみの照会ならすぐに審査結果を取得可能です。

また、審査する方法も、融資担当者が書類を1枚1枚目で確認するのではなく、
コンピュータで決まった項目をチェックするスコアリングシステムなどを採用しているためです。

職種ごとにポイントが付いており、審査項目のポイントを積み上げていき、
基準に達すれば審査OKというのが、ネット審査の早さの理由です。

審査の迅速さも集客ポイントのひとつ

スピードを求める申込者は、資金を急いで必要としている可能性が高く、
そのためネット審査を行っている金融機関各社は審査スピードの早さを競い合い、
早さをウリの一つにして集客しています。

収入証明書が必要ないのは、初回融資は少額なので、
必要要件に達しないことと、収入で弾いてしまうと顧客が減るという事からです。